2017年8月01日    最終更新日:2018年02月20日



ネイリストの仕事は頑張り次第で給料アップが狙える職種です。

「もう少し収入をアップしたいな」
そう思ったら、今よりも上のランクの資格取得を検討してみましょう。

資格手当だけで毎月1〜2万円程度上がる例もあり、お店やお客様からの信頼もぐっと上げることができます♡

収入アップしたいネイリストが持っておきたい資格とは


ネイリストとして活躍している方の中には、
「無資格でアシスタントをしている」
「ネイリスト検定2級しか持っていない」
という例が少なくないでしょう。

国家資格が必要な訳ではないネイルの世界。
ですが、ネイリストに憧れる若い女性も多く、資格を持っている方が大きく優遇されます
今からでも遅くありませんので、上位のネイリスト資格を目指して勉強を始めてみましょう!

具体的には、
「ネイリスト検定1級」
「ジェルネイル検定上級」
を持っていることが理想です。

仕事をしながら資格を取得するのは簡単ではありませんが、給与面での見返りはもちろん、学んだ知識が毎日の接客に生かされるでしょう。

仕事をしながら資格を取得するコツは?


ネイリストの求人情報を見ていても、
「ネイリスト検定1級以上」
「ジェルネイル検定上級優遇」
などの言葉が躍っているように、資格はあった方が圧倒的に有利です。

とはいえ、働きながら勉強も同時進行するのは大変なことでもあります。
勉強と仕事を両立させるためには、資格合格率の高いスクールや仕事をしていても通いやすい立地、開講時間のスクールを探すことも大切でしょう
検定対策のコースでは、試験のコツなどもしっかり教えてもらえるので安心です。

職場の理解、そして講師の応援を一身に受けることで最短期間の合格が目指せるでしょう。
サロンによっては資格取得補助などがある場合もありますので、有意義に活用していきたいですね。

ネイルスクールについてのQ&A

ネイルスクールに通いたいと考えています。ネイルスクールを卒業するまでにかかる費用などはどのくらいですか?
通うスクール、学ぶコースによって異なりますが、相場は10万〜100万くらいだと思います。

授業内容によって追加購入をしなくてはいけない物などもありますので、さらに費用がかかる場合もあります。
事前に通うスクールで確認が必要です。

ネイルスクールのクラス制とフリータイム制の違いを教えてください。
クラス制は決まった日時、フリータイム制は自分が通える時間に授業を受けられる制度です。

クラス制は決まった日時に同じ生徒と学びます。
フリータイム制は自分が通える時間に授業を受けられるので、仕事をしながらでもネイルスクールに通う事ができます。

ネイルスクールの見学に行きたいのですが、どうしたらいいですか?
無料体験レッスンがある場合は参加してみましょう。

スクールによって無料体験レッスンを実施している所があります。
直接スクールにお問い合わせするのが良いと思います。

JNA認定校とはどのような学校ですか?
NPO日本法人ネイリスト協会が定めた条件を満たしたスクールの事です。

JNA認定校にはジェルネイル技能検定などが認定校内で受講できるなど様々な特典があります。

働いてるので通信で学びたいのですが、ネイルスクールに通信講座はありますか?
はい、あります。

通信講座は自分のペースで学びやすいですし、授業料も普通にスクールに通うより安いというのも魅力です。

ネイルスクールを卒業後はどんな就職先がありますか?
取得した資格によって異なりますが、さまざまな場所で活躍できます。

ネイルサロンに就職したり、ネイルスクールの講師など教える側になる方もいらっしゃいます。
自分でネイルサロンを開業するという手もあります。

ネイルスクールを選ぶ際のポイントはありますか?
自分が学びたいコースがある事、自分の条件や雰囲気に合ったスクールを選ぶ事が大切です。

そのために無料体験レッスンに行くのをおすすめします。
授業を実際に見学できるので、スクールの雰囲気を知る事ができます。

ネイリスト検定1級、ジェルネイル上級取得者にはこんな資格も


すでに
「ネイリスト検定1級」「ジェルネイル検定上級」
を取得済み。

それなら、別の方向へ視野を向けてみましょう。

お客様へカラーをおすすめする際に役立つのは


お客様へカラーをお勧めする際に役立つ、「カラーセラピスト」「色彩検定」の資格。
色彩理論を学ぶことによってお客様の求めるネイルカラーもより正確に把握することができますし、提案に説得力を持たせることができます。
また、「パーソナルカラー」も同時に学ぶのもオススメです。
お客様一人ひとりのパーソナルカラーに合ったネイルカラーの提案をすることができるようになります。

外国人のお客様が多いエリアで働くなら


外国人のお客様が多いエリアで役立つのは、「英会話」「翻訳」の知識。
最近では日本の繊細で高い技術を持つネイルアートは海外からも高く評価されており、日本を訪れる外国人観光客が日本のネイルサロンで体験することが増えています。
そのため、外国人のお客様が多く訪れるエリアのネイルサロンでは英語ができるネイリストは重宝されます。
英語ができればお客様の要望もスムーズに理解することができますし、デザインなどの提案もしやすくなります。

お客様との会話をより弾ませたいなら


お客様との会話がより弾む、「ビジネスマナー」「トークコーディネーター」の講座。
ネイル以外にも学ぶべきことはたくさんあります。
ただネイル技術が高いだけでは、お客様に指名をもらえるような人気ネイリストになることはできません。
また来たいと思っていただけるような丁寧な接客、居心地の良さを提供することはとても大切です。
将来、自宅サロン開業を考えているネイリストには尚更重要なスキルといえます。

これらの勉強は転職時、昇格時などにも大きなインパクトを与えることができます
いくつになっても今の自分に満足せず、より魅力を高めていけるようなネイリストになりたいですね。