ネイリストなら一度は憧れる、自宅サロンや個人サロン
自分のセンスで作り上げた自分だけのお城で、好きなデザインやアートを思う存分施せたら幸せですよね。

「おうちサロンって稼げるの?」
「ネイルサロン経営のメリットデメリットは?」

事前に覚えておくべきことを知り、開業の日に備えておきましょう。

自宅サロン開業の際に持っておきたいスキルとは


自宅サロンをオープンする場合、自分の技術や経歴がそのままサロンの看板となります。
そのため、お店のアピールになるような上級資格の取得は必須だと言えるでしょう
特に初めてのお客様は資格があることで、安心して足を運んでくれます。
「ネイリスト検定1級」「ジェルネイル検定上級」はもちろん、「ネイルサロン衛生士」などの資格も忘れずに取得しておきましょう。

チラシや口コミなどでお客様が来店されたら、次もまた来て頂けるような丁寧な接客が大切です。
サロンの雰囲気が明るく、居心地の良いものとなるよう、トークスキルなども磨いておきましょう。

オススメのケア用品を紹介したり、お茶のサービスを行ったりするのも良いですね。
ネイルについて何でも質問できたり世間話などを聞いてくれたりするネイリストは「また会いたい」 という気持ちが高まります

将来的に個人サロン経営を応援してくれるサロンもありますので、ネイリストの求人情報を見る際にチェックしてみましょう。

自宅サロンや個人サロンを開店するリスクを知ろう


自分で経営するネイルサロンは、自分の好きな内装にできたり、好きなメーカーのジェルを使えたり、自由に価格を設定できたりと、メリットがたくさんあります。
その反面、設備などにお金をかけ過ぎてしまったり、世間の相場よりも高額な価格帯にしてしまったりしたことで、閉店のリスクを背負ってしまうこともあるでしょう。

ネイルサロンの経営は技術が優れている、ネイルの資格をたくさん持っている、というだけでは成功できません。
お金の管理なども自分で行う必要があるため、ビジネスや経理などについて知識を深めてから、起業するようにしましょう
失敗しないためには、オープン時にお金をかけ過ぎない、お店が軌道に乗ってから徐々に必要なものを揃えていく、といった点が重要です。
あれもこれも準備したくなりますが、最初は背伸びし過ぎず、ゆっくりとスタートさせていきましょう。